眼底三次元画像解析検査機器 シラスHD-OCT

網膜疾患、緑内障、視神経疾患の診断に有用な、眼底三次元画像解析検査機器 シラスHD-OCT (モデル4000)についてご説明します。

シラスHD-OCTとは網膜の断層画像を撮影する機械です。
眼底検査を通常のレントゲン写真に例えると、シラスHD-OCTは、レントゲン写真より情報量が多いCTやMRIに匹敵します。

HD-OCT4000
HD-OCT モデル4000

これまでの検査では分かりづらかった眼底の網膜の状態を解析することが可能で、患者様への痛みもなく短時間で正確な診断が可能です。

HD-OCT4000
HD-OCT 正面から

HD-OCTは視神経と網膜神経線維層の断層画像を撮影画像を取得できるので、視野が欠ける自覚症状が現われる前に緑内障による網膜視神経線維層の欠損を捉えることが可能になります。

HD-OCT4000
サイドに表示される測定結果画面

  • 初診の方へ
  • 眼の病気
山村眼科は厚生労働省認定 先進医療実施施設に認定されています。
遠くも近くもクッキリ見える 山村眼科では多焦点眼内レンズをお選びいただけます

アクセス

〒732-0053 広島市東区若草町20-7-1

tel:082-262-1211

※お車でお越しの方はこちらをご覧ください

診療時間

診療時間

※祝日は休診です

お電話でのご予約

初診の方も再診の方も
お電話でご予約ができます。

082-262-1211