多焦点眼内レンズ

山村眼科は「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)」の先進医療実施施設の認定を受けた眼科施設です。

厚生労働省が医師の実績や手術成績を審査してくださった結果、先進医療実施施設の認定をいただくことができました。

この先進医療とは、一般の保険診療の水準よりも高度な先進技術を駆使した医療のことですが、当院が認定を受けることで、当院での多焦点眼内レンズ手術の術前術後の診察等に保険が適応できるようになります。
また、民間の生命保険の“先進医療特約”の対象にもなり先進医療に係る費用が全額給付されることもあり、患者様の経済的負担が軽くなります。

詳細については、医師までお気軽にご相談くださいませ。

多焦点眼内レンズとは

眼内レンズとは、主に白内障治療に用いられ、白濁した水晶体を取り除いた後に水晶体の代わりに用いられるレンズです。
従来、眼内レンズは遠くか近くのどちらかだけにしか焦点を合わせることができませんでした。(単焦点眼内レンズ)
一方、多焦点眼内レンズは従来の眼内レンズと違い、遠くにも近くにも焦点を合わせることができる"大変画期的なレンズ"です。
簡単に言えば、眼内に埋め込むことができる遠近両用メガネです。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの比較

次の2枚の写真は、単焦点眼内レンズまたは多焦点眼内レンズを用いて、白内障の手術を終えたあとの見え方の違いをイメージしたものです。

[単焦点眼内レンズの場合]

遠方ははっきり見えるが、手元はぼやけてしまう

遠方にピントが合う単焦点眼内レンズの場合は、遠方ははっきりと見えますが手元はピントが合いにくく、ぼやけて見えてしまいます。
この場合、老眼鏡を用いて手元を見る必要があります。
近くにピントが合う単焦点眼内レンズを用いた場合はこれとは逆に手元にピントが合いますが、遠くのものがはっきりと見えません。

[多焦点眼内レンズの場合]

遠方も手元もはっきり見える

多焦点眼内レンズの場合は、遠くにも近くにもピントを合わせることができるため、メガネも老眼鏡も必要なくなる場合が多いです。
多焦点眼内レンズを用いることで、術後より快適な日常生活を手に入れることが可能です。
※すべてのケースでメガネも老眼鏡も不要になるわけではありません。

多焦点眼内レンズについてご不明な点がございましたら、ご遠慮なく院長・スタッフにお尋ね下さい。

費用について

両目 片目
733,200円くらい 366,600円くらい

※医療保険の先進医療特約に加入の方は手術前後の検査、薬代に保険診療が使えます。また、保険にてほぼ全額の手術代をカバーできます。
※多焦点眼内レンズは先進医療のため「高額療養費制度」は適用されません。

単焦点眼内レンズの費用については、こちらをご覧ください。

  • 初診の方へ
  • 眼の病気
山村眼科は厚生労働省認定 先進医療実施施設に認定されています。
山村眼科は厚生労働省認定 先進医療実施施設に認定されています。

アクセス

〒732-0053 広島市東区若草町20-7-1

tel:082-262-1211

※お車でお越しの方はこちらをご覧ください

診療時間

診療時間

※祝日は休診です

初診の方へ インターネットで簡単に初診予約ができる病院ナビへ

お電話でのご予約

再診(2回目以降のご来院)は
お電話でご予約ができます。

082-262-1211