網膜裂孔・網膜はく離

網膜裂孔・網膜はく離とは

網膜は、眼の奥にある厚さ約0.1~0.4ミリの薄い膜で物を見るために重要な部分です。
網膜色素上皮細胞(もうまくしきそじょうひさいぼう)と神経網膜の接着は弱いので、何らかの原因で神経網膜が網膜色素上皮細胞からはがれて、硝子体(しようしたい)の中に浮き上がってしまうことがあります。
これが網膜はく離です。

網膜はく離は、裂孔原性網膜はく離(れっこうげんせいもうまくはくり)と呼ばれる網膜に裂孔(裂け目)を伴うものが一般的です。

網膜が引っ張られて裂け目(網膜裂孔)ができる 裂け目から水(液化した硝子体)が入り込み、網膜がはがれてしまう

【裂孔原性網膜はく離(れっこうげんせいもうまくはくり)】

眼球の中の硝子体は、中高年になると、液化硝子体(えきかしょうしたい)と呼ばれる水の部分ができて、眼球の動きとともに硝子体が眼球内で揺れ動くようになります。
硝子体と網膜が強く癒着(ゆちゃく)している部分があると、眼球の動きで網膜が引っ張られ、裂孔ができてしまいます。
その裂孔から液化硝子体が網膜下に入り込むと、網膜ははがれてしまいます。これが裂孔原性網膜はく離です。
また、ボールが目に当たるなど、強い力が目に加わって網膜がはく離してしまう外傷性網膜はく離(がいしょうせいもうまくはくり)も、裂孔原性網膜はく離のひとつです。

【その他の網膜はく離】

糖尿病性網膜症では、出血しやすい血管を含んだ膜が網膜の上にできます。
この膜が収縮して網膜を引っ張ると、網膜がはく離してしまいます(牽引性網膜はく離けんいんせいもうまくはくり)。
ぶどう膜に炎症があったり、眼内腫瘍などがあると、網膜血管や脈絡膜から血液中の水分が滲み出し、網膜下にたまって網膜がはく離することがあります(続発性網膜はく離ぞくはつせいもうまくはくり)。
このような場合、原因となっている疾患の治療を行います。

網膜はく離の症状

次のような症状が見られる場合は検査を受けましょう。

飛蚊症

黒い点やゴミのようなものがみえる

光視症

眼の中でピカピカと光ってみえる

視野欠損

見ているものの一部がみえない

視力低下

見たいものがはっきりみえない

網膜はく離の検査

網膜はく離の早期発見のために検査を受けましょう。検査には眼底検査と視野検査があります。

【眼底検査】

最も大切な検査は眼底検査です。
これは、点眼薬で瞳孔を開き、眼底の様子を調べる検査です。
硝子体出血などで眼底が見えないときには、超音波検査を行います。

眼底検査の写真

【視野検査】

見えない部分の位置を調べる検査です。
見えない部分と、病変の部分は対応しています。
日ごろは両目でものを見ているので気づかない場合が多いです。

正常視野、視野欠損

網膜はく離の治療

網膜はく離を治すには手術が必要です。
手術には次のようなものがあり、症状やはく離の進行状態によってどの手術を行うかが決まります。

光凝固術

網膜に裂け目ができた場合に実施し、裂け目の周囲をレーザー光でふさぎます。

網膜復位術

液化した硝子体が裂け目に入り込み、網膜がはがれた場合に実施し、はく離した網膜を元の位置に戻します。

硝子体手術

網膜に裂け目ができたときに血管から硝子体に出血した場合に実施し、出血によって濁った硝子体を取り除きます。

手術前後の写真

  • 初診の方へ
  • 眼の病気
山村眼科は厚生労働省認定 先進医療実施施設に認定されています。
山村眼科は厚生労働省認定 先進医療実施施設に認定されています。

アクセス

〒732-0053 広島市東区若草町20-7-1

tel:082-262-1211

※お車でお越しの方はこちらをご覧ください

診療時間

診療時間

※祝日は休診です

初診の方へ インターネットで簡単に初診予約ができる病院ナビへ

お電話でのご予約

再診(2回目以降のご来院)は
お電話でご予約ができます。

082-262-1211