硝子体出血

硝子体とは

硝子体は細かい線維でできたゲル状の透明な物質で、眼球の中に満たされています。
光が通りやすく、眼の形を保つのに役立っています。

硝子体とは

硝子体出血とは

糖尿病や高血圧、外傷などにより眼底で出血が起こり、その血液が硝子体に入ると突然、飛蚊症の症状を感じたり、目の前に赤いカーテンを引いたように感じます。
出血の量や部位によっては視力が著しく低下します。

硝子体出血の治療

硝子体出血を起こしている原因疾患とその治療状況や網膜はく離の有無などによって治療方針が決まります。
出血が少なければ自然に治ることもありますが、止血薬や硝子体に流れ込んだ血液の吸収を早める薬で治療します。
症状により出血部位にレーザーを当てる光凝固法を行うこともあります。
全身疾患を背景とする場合も多いので、その治療も並行して行うことが必要です。

  • 初診の方へ
  • 眼の病気
山村眼科は厚生労働省認定 先進医療実施施設に認定されています。
山村眼科は厚生労働省認定 先進医療実施施設に認定されています。

アクセス

〒732-0053 広島市東区若草町20-7-1

tel:082-262-1211

※お車でお越しの方はこちらをご覧ください

診療時間

診療時間

※祝日は休診です

初診の方へ インターネットで簡単に初診予約ができる病院ナビへ

お電話でのご予約

再診(2回目以降のご来院)は
お電話でご予約ができます。

082-262-1211