角膜矯正療法 オルソケラトロジー

 

山村眼科では、特殊なデザインの高酸素透過性コンタクトレンズを用いて角膜の形状を矯正し、視力を回復させる角膜矯正療法「オルソケラトロジー」の取り扱いをしております。

 

オルソケラトロジーとは

特殊なデザインの高酸素透過性コンタクトレンズを用い、角膜の形状を矯正し、視力を回復させる角膜矯正療法のことです。

いままでのコンタクトレンズとは逆の使い方で、夜寝る時にレンズを装用し、朝起きて外すだけで角膜の形状が変化し視力が回復します。
回復した視力は一定期間維持され、日中は裸眼でも良く見えるようになります。
画期的な最新の近視矯正法として、現在世界的に注目を浴びています。

オルソケラトラジーの安全性

オルソケラトロジーは、アメリカで30年以上前から研究・施術され、現在、アメリカ・ヨーロッパ・アジアを中心に、世界各国でその安全性と効果が認められ、実施されております。
レーシック等の外科的手術と異なり、レンズの装用を中止すれば、角膜の形状は元に戻りますので、安心してお使いいただけます。
また、日中装用のコンタクトレンズとくらべても、夜間の装用なので、ほこり等が目に入ったりせず、レンズを紛失する心配も減るなど、安全・快適にお使いいただくことが出来、リスクは一般のコンタクトレンズと同等またはそれ以下となります。

※当院は、日本眼科学会オルソケラトロジー講習会ならびに、株式会社テクノピア(オルソケラトロジーレンズ製造販売元)の講習会を受講し、認定を受けております。

※当院で使用しますオルソケラトロジー用レンズ:マイエメラルド(Emerald)は、米国FDA・ヨーロッパCEマーク認可の長年世界各国で使用実績のあるレンズになり、日本国内でも厚生労働省に認可されております。

医療費控除の対象になりますので、10万円を越した費用は補助が得られます。
詳しくはこちらの国税庁による回答ページをご覧下さい。

オルソケラトロジーのメリット

メガネやコンタクトレンズが煩わしい方へ
職業上メガネの使用が難しかったり、「時間がたつとゴロゴロする」「夕方になると充血しがち」等、コンタクトレンズの不快感から解放されたい方へ。

裸眼でスポーツを楽しみたい方へ
野球・サッカー等のスポーツや、水泳・サーフィン・スキューバーダイビング等の水中のスポーツをされる方へ、裸眼で安全にスポーツを楽しめます。

外科的手術のレーシック等に抵抗がある方へ
「手術なのでやはりこわい」「術後の感染症などが不安」という方へ。
オルソケラトロジーなら、レンズの装用を中止すれば角膜は元の状態に戻りますので安心です。

近視進行の抑制効果があります!
オルソケラトロジーを継続すると、近視の進行が抑制されます。
特に仮性近視の方や、角膜が柔らかい若年層の方に効果があります。

取り扱いは簡単!
レンズの取り扱いは一般のハードコンタクトレンズと同様です。
また、夜間装用なので、日中装用のようにホコリやゴミなどが目に入ることもなく目への負担やレンズを破損・紛失するリスクも少なくなります。

治療スケジュール

1. 初診・適応検査
オルソケラトロジーが可能かどうか適応検査を受けます。
現在ハードコンタクトレンズをお使いの方は、事前に1週間以上レンズの使用を中止していただく  必要がございます。

2. カウンセリング
検査結果を下に、説明を行います。
疑問点につきましてはご遠慮なくお尋ねください。

3. 装用体験
オルソケラトロジー適応と判断された場合は、院内で1時間前後、装用体験をしていただきます。

4. 治療開始
装用体験後、オルソケラトロジー治療希望の方はレンズを注文します。
レンズがとどきましたら治療を開始します。レンズは、1週間~2週間を目安に届きます。

5. 定期検診
検診は、1週間後・2週間後・1ヵ月後・3ヵ月後となり、以降3ヵ月ごとの検診となります。

よくあるご質問

Q. すぐに視力は回復しますか?
A. 若年層の方で、比較的近視が軽ければ、1時間のレンズ装用で1.0以上に矯正出来ることもあります。年齢や近視の度合い等個人差によりますが、適応範囲の方では、ほとんどの方が1週間前後で十分な視力を得られます。

Q. レンズの扱いは難しくないですか?
A. 多少注意を要しますが、基本的な扱いは通常のハードコンタクトレンズと変わりません。

Q. レンズの装用は痛くないですか?
A. 通常のコンタクトレンズ同様、レンズに慣れるまでは装用感が気になることがあります。痛みや違和感が続く場合は、ご相談ください。

Q. オルソケラトロジー治療はどんな人に向いていますか?
A. スポーツをされている方、コンタクトレンズや眼鏡の装用が煩わしい方、職業上、または、資格取得のために裸眼視力が必要な方に適しています。

Q. オルソケラトロジー治療に向かない人はどんな人ですか?
A. 強度の近視・乱視の方や、他の眼疾患のある方には適応出来ない場合がございます。
いずれも適応検査の結果をもとに担当医師が判断いたします。